ギャラリー一番館 オンラインショップ

ようこそ! ゲスト 様   0点:0円

トップページ >  中里隆  > 中里隆 作 白磁角切皿

ぐい呑特集
湯呑特集
用モダンシリーズ
李モダンシリーズ
ギフトにおすすめ
ギフトにおすすめ

中里隆 作 白磁角切皿

人間国宝・第十二代中里太郎右衛門(無庵)の五男で、当代随一の人気作家。
唐津だけにとどまらず、日本各地、世界各地にて作陶活動を展開されています。

中里隆 略歴

1937年 唐津焼きの名門12代中里太郎衛門の
   5男として生まれる。

1971年 東洋陶磁器研究の権威である小山富士<の薦めにより、種子島へ渡り熊野焼きを復興。
その後独自の風合いを持つ唐津南蛮を生み出す。

1996年以降はデンマークのロイヤルコペンハーゲン、 また米国コロラド州のアンダーソンランチより 招待をうけ、海外での活動も多い。

ご注文はこちらから

商品名: 白磁角切皿
寸法: 直径29.2cm
高さ3.3cm
箱: 共箱

130,000円 (税込140,400円)

 個

TwitterFacebook

⇒この商品について問い合わせる

※商品の色、質感につきましては、ご利用されるモニター環境、ブラウザによって、画面と実際の商品の色が多少異なる場合がございます。

中里隆

⇒この作家の作品一覧はこちら